White Bleach Series

色見表

ブリーチは調節出来ます。ブリーチはそれが許させる仕事、学生だけのモノではありません。指摘されないギリギリを狙います。明るさを少 し上げるだけでより色素は薄くなります。今までとは違い、「 ブリーチ = ハイトーン・黄色い・傷む 」の概念を覆します。明るくするだけ のものではなく、より色素を薄くする目的のものです。今までとは違い、ブリーチ剤をコントロールし、明るさ、ダメージ、時間を調整しま す。それが - suburbia - の考える Bleach Series です。White Series でカラーするには、それぞれ、ベースとなる髪の明るさが必要です。 明るい髪であればある程、『 何でも出来る! 』状態です。ブリーチをしていようと、通常のカラーをしていようと、まずは ” 今 ” の状態を 知って下さい。

Bleach Seriesの決定

No.1  自分の “ 髪の明るさ ” を知る。

アナタは現在、どの明るさですか?

No.2 今の明るさで、『 何色が出来るか? 』を知る。

自分の髪の明るさが分かれば、Bleach Series をせずに、1回のカラーで出来る、White Series が分かります。

No.3 必要な “ ブリーチのレベル ” を知る。

① まず、希望の White Series を探します。
② その色の横に並ぶ、Bleach Series が必要。

発色や色持ちからの決定

No.1 “ 発色 ” を知る。

例えば同じ赤の絵の具を白画用紙と黒画用紙に塗った時、赤の入り方は当然違います。“ 赤 ”を白画用紙に塗れば、そのまま赤、黒画用紙に 塗れば赤は負け、ほぼ黒のままです。それは髪も同様です。カラー前の髪色が明るければ明るいほど、発色は確実にキレイなのです。

No.2 “ 色持ち ” を知る。

“ 暗め ” にしっかり色を入れたほうが、色持ちが良い。

No.3 “ 色落ち ” したらどうなるか? を知る。

・「 色が抜けるとどうなりますか?」と、よく聞かれますが、結論から言うと ” 染める前の状態 “ になります。
・ ブリーチをした場合、ブリーチ直後のキンキンの抜きっぱなしまで戻ることはありませんが、最後の最後には、” 染める前の状態 “
 に戻ります。

- suburbia - でのススメ

発色・色持ち・透明感。様々な視点から考え、- suburbia - では、

  ① 希望する色よりもBleachをやや明るめに設定し、
  ② 希望する色よりも暗めのWhite Seriesを選び、
  ③ “ 発色 ” と “ 持ち ” の黄金バランスを推奨しています。

いつもより少しチャレンジすれば、今までに無い色を実現出来ます。

White Series

なぜ “ White Series ” なのか?

正直に言いましょう。日本人と欧米人、何が違うのか?それは肌色、彼女達は色白デス。全般的に外国人は髪の色素が薄い。そう感じているでしょう。しかし、髪の毛は “ アッシュ ” ではない。どちらかというと黄色味が強いように感じます。でもそれがハマって見えるのは、肌が白いから。髪色だけ見てみると、私達が思うほど色素は薄くないのです。ただ単純に髪色だけを日本人に落とし込めば、それはただの“ 黄色い髪 ” になってしまう。目指しているのは色素の薄さ。さらに言えば、肌の色白さ。そこを目指さなくてはなりません。つまり肌の色が違う日本人を色白に見せるのが、White Series なのです。

“ White Series ” とは?

何年経っても変わらない、単純に「イイ!」と思う髪の色。流行を無視した ‐ suburbia ‐ の定番的カラー。「色素薄め」の柔らかい色。

馴染む色。生え際のウブ毛のような、明るくないけど透明感のあ何年経っても変わらない、単純に「イイ!」と思う髪の色。流行を無視した、
‐ suburbia ‐の定番的カラー。「色素薄め」の柔らかい色。馴染む色。生え際のウブ毛のような、明るくないけど透明感のある感じ。北欧っぽさを連想させるグレーのようなベージュのような。コドモの髪のフニャフニャした、色素が出来上がる前の雰囲気。「暗明るい」感じ。 暖色系でも寒色系でもなく。光の反射によって暗く見えたり明るく見えたり。 気になるその色を、「ホワイトシリーズ」と名付ける。敢えて日本語で言うなら「無色素系灰茶白褐色」。決して「明るく」だけではなく、あくまでも「色素を薄く」が狙い。特別明るくしなくても色素は薄く出来ます。 但し最低でも“8トーン以上”は必要。そうは言ってもベースが明るい方がより色素が薄くなるのは確かです。7トーン以下はかなり晴れた日の光でしか分かりません。 単なるアッシュ系やマット系ではない。それは巧妙で、完全正確なレシピ。

Advice

縮毛矯正をしている方へ

縮毛矯正の強いコーティングにより、特に ” 色素薄め ” が不可能なのが現状です。出来るだけ、“ 暖色系のカラー ” を
おススメします。

カラーで根本をクッキリさせません

伸びてからも自毛とカラーの繋ぎ目が、自然につながっていることをスタンダードとしています。外国人のほとんどが根本が少し暗めになっていて、” グラデーション ” でキレイに繋がっています。それを真似ていることも勿論ですが、ただ単純に ” くっきり ” するのを良しとしていません。根元が気になりだすと、当然、美容室に行きたくなってしまうでしょう。それはお客様にとっては優しいことではないように思います。

カラービギナーの方へ

初めてのカラーをする方に知っておいて頂きたいことがあります。他美容室でカラーをするにしても、知っておくとお得です!

①  どんなカラーでも色落ちします。

②  塗った直後、大抵頭皮はスーッとしたり、多少痛いと感じることがあります。なかにはブリーチしても痛くない方もいますし、
  様々です。もし、我慢できないほど痛いのであれば、すぐに中止することが出来ます。

③ 『 ツヤを出したい! 』とオーダーされることがありますが、実際のところカラーでツヤはでません。ツヤが出た気になるのは、
  カラーシャンプーの時のトリートメントが効いているからです。カラー剤にはキューティクルを全開に開く作用があり、そのせ
  いでより多く浸透するためです。